バイナリーオプションの取引ルール


バイナリーオプションの特徴の一つに、シンプルな取引ルールで投資を行えるというものがあり、誰でも簡単に行える取引ルールによって、投資取引の初心者も多くバイナリーオプションに参加しています。

バイナリーオプションの取引ルールが分かりやすい理由の一つに、一回の注文ですべてが終了する、という部分があるでしょう。
通貨を銘柄にすることが多いバイナリーオプションですが、同じように通貨を銘柄にしている投資取引にFXがあります。

FXでは、一回の取引きのルールの間に様々なことを考えながら取引を行わなくてはならず、これに慣れるには時間が大きくかかります。
例えば、最もシンプルな取引の場合でも、為替レートの変動の具合を見ながら、投資家自らで新規の注文を入れて通貨を買って保持し、その通貨に為替相場のレート変動による価値の変化が生まれるのを待ち、利益が充分なまでになったら、もしくは、これ以上耐えられないという損失になったら、保持していた通貨に決済の注文を入れて売却し、そこに生まれていた元の通貨の価格との差である利益や損失を確定していく、という事を行わなくてはなりません。

これに対し、バイナリーオプションでは、いまの為替レートが一定時間後に、提示された条件を達成できるかどうかに投資をし、それで投資家が行うべきことは終了になります。
あとは、判定時間の満期になれば、その条件が達成されたか、達成されなかったが自動的に判定されますので、それによってあらかじめ決められている利益が受け取れたり、投資した資金が失われて損失になったりします。

このように、バイナリーオプションでは極めて簡単に投資取引が行えることが最大の利点になっており、またこの「相場のレートが、一定の時間後に、あらかじめ決められた条件を達成するかどうか」という事を基本のルールとして、様々な取引ルールが楽しめるのがバイナリーオプションの特徴でもあり、もちろんどの取引ルールであっても、一回の注文をするだけでいい、という部分は全く変わらないのです。

最も利用されている取引ルールは「ハイ&ローオプション」になります。
この取引ルールは例えば「現在1ドル90円の為替レートが、2時間後に1ドル95円よりも高くなっているか、低くなっているか」の二者択一の選択をして予測をしていくことになります。
非常にわかりやすく、また、ある程度の相場の予測を行っておくことにより、その予測の精度を高めることも可能であるために、投資戦略に富んだ取引ルールとして人気を保っているのです。

また、相場の変動の傾向によって取引ルールを変更することで、さらに効果的に利益を求めていくことも可能となっていて、例えば「判定時間内に、あらかじめ決められた価格に為替レートが、一度でも振れることができるかどうか」を条件とする「ワンタッチオプション」の場合では、設定されている価格に大きな幅が設定されていることがほとんどになるために、普段はあまり達成できない条件になるのですが、為替相場が乱高下の状態にあるようなケースでは、取引きが成功しやすくなります。

同じように相場によって有利になるものでは「レンジオプション」という取引ルールがあり、これは「あらかじめ定められた上限と下限の数値の幅内で、判定時間が満期になるまでの間、為替レートの変動が収まっていられるかどうか」を条件に設定しているものになります。
このレンジオプションでは、先ほどのワンタッチオプションとは対照的に、ほとんどレートの変動が起こらない相場の状態に対して有効な取引ルールになります。

このように、バイナリーオプションでは様々な取引ルールを使い分けることによって、戦略性の高い投資を行えますので、いろいろなバイナリーオプションを試してみることをお勧めします。