銀行預金は投資の一種 リスクもあることを知る


sfsdoulk88資産を管理するにあたり何よりも怖いのが、経営破たんによるリスク、そして円安によるインフレのリスクでしょう。銀行に預けている資産というものは、これらのリスクと常に対面しています。

バブルが弾けデフレが進みこのような経済状況に陥った日本ですが、大きな資産を持っている方は特に、複数の銀行や証券口座にリスク回避として資産を分散させておくことが大切です。

銀行に資産を預ける、これが私たちが一般的に行っている投資の一種ですが、投資の対象は日本債権です。効率の悪い日本債権ばかりが対象となっているため、大きな利益は期待できないということだけは頭に入れておく必要があります。

レファレンス: 【ハイローオーストラリア.net】

また、銀行などの金融機関は潰れないというような神話的なものも現代では崩れ去りました。そして銀行預金はあくまでも投資であり、厳密的に言うと元金保証ではありません。元金割れよりも、日本での通貨価値が下がってしまうかもしれないというリスクさえあるのです。

ならば、効率のよい投資を行い回避できるリスクを把握し、利回りを上げて改善しようと思いませんか。銀行に任せておくよりも、実は自分で資産運用した方が安心できるという面もあるのです。

そのような意味あいにおいても、資産を証券口座に移すことは一つの得策でもあります。証券口座とは、投資用の口座であり資産を預けるとMRFと呼ばれる債券の一種において運用されます。銀行預金よりも格段に利回りがよくなることは確かです。

たとえ投資をしなくても、自分の資産のリスク回避先として証券口座を作り、そこに預けておくだけでも有効的な手段です。証券口座においても、預金の保護はペイオフ制度より確保されていますので安心です。証券口座といっても銀行口座のように、自由に入出金ができる証券会社の24OPTION | 24オプション.biz 口座開設もあります。

銀行口座には普段使う予定のお金を入れておく、証券口座には運用し利益を出してもらうためのお金を入れておく、このようにお金の使い道次第で複数の口座を分けて管理することが賢い選択だと言えるでしょう。資産のリスク分散、そして資産の上手な運用を考え、銀行口座やネット証券口座などの開設は必要不可欠な時代になってくるのではないでしょうか。