資産運用で人の一歩前をいく


sdsdf8oi8 欧米諸国では、当たり前ともいえる資産運用。ですが、日本では依然として、積極的な資産運用をする人の数は限られています。日本で多くの人に利用されているのは、銀行の普通預金。日本人では、どうも積極的な運用を避ける傾向が強いようですね。ただし、この傾向は、単に日本人が“投資に保守的だから”という理由だけでは片づけられません。

この背景には、日本人に根強く染みついた(日本の)投資ファンドに対する不信感がある、との指摘があるのです。つまり、多くの日本人が、日本の投資ファンドを信用していないということ。それが日本人の投資離れに拍車をかけているようなのです。*バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記から参考。

日本人が投資ファンドに不信感を抱くのは・・・・・・やはり、日本の投資ファンドの“質・システム”に問題があるせいでしょう。

とにかく日本の投資ファンドは、手数料が“高い”。そのため、十分なリターンを得ることができる投資家は非常に稀な存在なのです。これでは投資家が、「投資ファンドは利用者から手数料としてお金を巻きあげているだけだ」と不信感を抱いても仕方がないでしょう。

そもそも投資ファンドとは、私たち(投資家)から資金を集め、私たちに代わって投資を行う存在。つまり、投資知識の少ない私たちを代表して、資金運用をする存在だといえます。本来ならば、投資知識に乏しい人・投資の勉強に時間がかけられない人の資産運用をサポートする立場にあるべき投資ファンド。ですが、残念ながら、日本では高額な手数料をとる業者が目立ち、良質な投資ファンドが限られているのが現状です。

ここ10年ほどで状況は少し好転してきてはいますが、いまだに日本の投資ファンドの質は高いとは言えません。日本人の投資に対する保守的な性質、そして信頼できる投資ファンドが未だ少ないこと。こうした理由から日本人の投資に対する懐疑的イメージは強く、まだまだ日本人が積極的に投資をし始める日は遠そうです。

ただ、この状況を逆手にとれば、これはチャンスとも言えます。資産運用をしている日本人が少ないということは、要はライバルが少ないということ。ただ、(年金などのシステムに不安を抱える日本ですから)この先、日本においても投資が過熱する可能性は十分にあると考えられます。だからこそ、ライバルが少ない今から、投資に目を向けて行くべきなのです。

日本の投資ファンドには、先述の通り課題が山積しています。ですが、全ての投資ファンドの質が悪いわけではありませんし、投資にはファンド利用以外にも様々な選択肢があります。ライバルが増える前に資産運用をスタートして、他人より一歩先を行きましょう。

人生を豊かにする投資の知識

投資を始める資金や勇気がないという方は、すぐに投資を始めなくても構いません。ただし、投資について“学ぶこと”は、今から始めていきましょう。投資・経済に興味を持てば、視野が広がります。粗野が広がれば、「お金を稼ぐということ」が、どういうことなのかが見えてきます。すなわち「お金の流れ」が、目に見えるようになってくるのです。

投資の知識を身に着けると、投資で稼ぐ術が身につきます。さらに勉強を進め、金融・経済の傾向が掴めるようになれば、仕事をして行くうえで、ひいては生きていくうえで重要な「どんなところに稼ぎのチャンスがあるか」という感覚まで身についてくるのです。

投資を実際にはじめる・はじめないは別として、ぜひ投資について(株・債券の仕組、政治経済と市場の関係などについて)学んでみて下さい。
人生の幅が、ぐっと広がるはずです。